人気ブログランキング |

医師の中には、それぞれ専門の分野で活躍する専門医の方がいます。

病院では、このような高度な知識を持った専門医の役割も大きなものになっています。

この専門医になるために、努力している方も少なくありません。



専門医師制度

病院で働く医師の中には、専門医の方がいます。

専門医は認定医よりも、さらに高度な知識や技量を持っており、学会が認定した医療のスペシャリストです。

専門医として認定されるには、5年以上の専門研修を受けた後、資格審査や試験に合格することが条件です。

それぞれの診療科に、この専門医がいるのです。

日本脳神経外科学会でも専門医制度を設けています。

脳神経外科の専門医は、1966年に規定された認定制度に基づいて行われています。

様々な医療研修を受けた後で試験に合格し、さらに生涯教育を継続することで認定されます。

脳神経外科では今や国民病ともいわれている脳卒中、脳神経外傷、また脳腫瘍、さらにてんかん、パーキンソン病、顔面けいれんなどの診療を行っています。

脳神経外科専門医は、これら病気の診断、予防、応急治療、手術や非手術的治療、さらにリハビリテーションなど専門的な治療を行うのです。

また脳神経外科の他に、認定内科専門医もいます。

これらの専門医は、医師選択の際の大きな基準となるのです。



早めの準備を

医師を目指している方の中には、将来的にはこの専門医を目指している方も少なくありません。

専門医は高度な知識と診療技術を持っており、他の専門医に対する転送判断も必要に応じて行えます。

転職する時は、この専門医の資格が大きな武器となるはずです。

転職先では、しっかりとアピールできます。

専門医の中で転職を考えてる方は、必要書類など早めに準備しておくと良いでしょう。



病院で働く医師の中には、専門的知識を持った専門医が在籍しています。

専門医は高度な知識と医療技術を持っており、患者さんの医師選択の際の目安にもなっています。

# by purin014195 | 2016-09-24 20:16

病院では様々な職種の方が働いています。003.gif

その中の1つに産業医があります。

産業用医は、企業の中で働く専門医です。

それぞれの会社に在籍する従業員の健康管理を行っています。

やりがいがある仕事として、転職先として希望する方も大勢います。



企業に従事する専門医

産業医は、事業者との契約に基づいて専門の業務を行います。

産業医師は、主に企業の中で労働者の健康管理を専門に行います。

労働安全衛生法では、常時50人以上の労働者を雇用している事業場に、この産業医師の設置を義務づけています。

産業医師になるには、各事業場で労働者の健康管理を行うなどの専門性が必要です。

そのため医師であることはもちろんのこと、さらに法律で定めた一定の要件を備えていることが条件となります。

この要件は、労働安全衛生規則に規定されています。

一定条件を満たした企業では、この産業医の設置が義務づけられていますので、求人で募集しているところもあります。

産業医師への転職を希望している方は、企業の求人情報を集めてみると良いでしょう。



求人情報の内容に注意してください

産業医の求人を探す時は、次の点に注意してください。

まず年収です。

求人情報では、この年収に注意する必要があります。

産業医師の求人情報の中には、臨床医とは異なり時給制のところも少なくありません。003.gif

そのため、たとえ求人情報に年収の項目が記載されていても、実態が異なることがありますので気をつけましょう。

また年俸制度を採用している企業もありますので、年俸制と時給制の区別をしっかりと確認してください、

そして、契約にも注意する必要があります。

産業医師は、基本的に1年ごとの契約更新の場合がほとんどです。

そのため1年更新なのか、または非正規雇用社員なのかをしっかりと把握しておきましょう。



企業で働く産業医師を目指す人も少なくありません。

しかし求人情報を見つける時は、その内容に注意してください。

年収、契約期間など様々な項目がありますが、しっかりと確認して納得した後に契約をするようにしましょう。

# by purin014195 | 2016-09-10 18:47 | 医師

勤務医の転職について

病院には様々な勤務医が在籍しています。

それぞれ専門の仕事を行っており、勤務時間や年収なども異なります。

病院によっては勤務時間が長かったり、また給料が安かったりと労働環境が異なりますので、転職を考える方もいるようです。



勤務医の平均年収について

勤務医師の平均年収は、その職種によって異なります。

厚生労働省に調査によると全体の平均年収は1479万円、また月収は123万円という報告がなされています。

これを高いと感じるか、また安いと感じるかは人それぞれですが、安いと感じた人の中には転職を考える方もいるようです。

また大学病院の医局へと進んだ場合、講師の場合は700万円台、助教授になれば800万円台、そして教授では1000万円といわれています。

この大学の医局全体の平均年収は、だいたい800~1000万程度です。

また医師の中には、将来開業を目指している方も多いと思います。

開業医の場合、平均年収はだいたい1200~2000万円台と、他の職種と比べて大幅に増加する傾向があります。

勤務医はその種類から精神科医、麻酔科医、病理医、眼科医、外科医、小児科医、内科医、放射線科医、産業医などに分類できます。

大学病院、クリニックと就業形態は違いますが、その中にはより良い条件を求めて転職を視野に入れている人もいます。



効率の良い転職活動

勤務医師の仕事内容も様々です。

この勤務医師は開業医とは異なり自分で病院を経営していませんので、他の大学病院や医院の雇用医師として働いています。

転職をする場合は他の病院に行くか、また開業をするなどの選択肢があります。

より良い条件を求めて転職するのは悪いことではありませんが、その場合は効率の良い転職活動を行うことが大切です。

特に現在、仕事を抱えて転職先を見つけている方は慎重に行ってください。022.gif



勤務医師として仕事を行っている方の中には、転職を考えている方もいます。

転職活動を行う時は求人誌、求人サイトなどを利用してみると良いでしょう。

求人サイトであれば、スマートフォンやタブレット端末などからもアクセスでき、とても便利です。

# by purin014195 | 2016-08-22 18:58 | 医師

医師の中には、様々な事由によって転職を行う人もいます。003.gif

しかし、病院によっては業務が忙しいこともありますので、転職活動を行う時は仕事が疎かにならないよう注意してください。

現在の病院の仕事をしながら転職活動を行うためには、活動を効率的に行う必要があります。



転職活動の際の注意点

医師の方が転職活動を行う際は、いくつか注意すべき点があります。

最も大切なことは、前述のように現在の仕事を疎かにしないことです。

当然のことですが医師という職業は、他人の生命を預かるとても大切な仕事です。

そのため、手抜き仕事はできません。

理想的な方法は、一旦仕事を辞めた後に次の職場を探すことです。

しかし、仕事を辞めれば収入が途絶えますので、今後の生活にも大きな影響が出てしまいます。

現在の仕事を行いながら希望する転職先を見つけるには、転職サイトの利用をおすすめします。003.gif



簡単に登録できます

最近はインターネットを使って、求人を見つける人も増えてきました。

インターネット上には多くの求人サイトがありますので、まずは一度利用してみてはいかがでしょうか。

医師の転職サイトとしては、医師転職サイトがおすすめです。

医師転職サイトは医師に特化した求人サイトですので、希望の職場も見つかりやすいのです。

また登録が無料のところが多く、登録自体もすぐにできます。

医師転職サイトは、登録が終わればすぐに利用できますので、現在仕事をしている人にも良いでしょう。

医師の求人の数は、月によって数に違いが出てきます。

求人数が増えるのは3月と10月です。

また、6月と12月は少ない傾向があります。

医師転職サイトで活動を行う時は、この点も考慮しておくと良いでしょう。

そして転職活動を行う時は、早めに行動することが大切です。



医師の転職活動は、いろいろと大変な面が多いと思います。

特に現在仕事を持っている方は、仕事が疎かにならないよう注意してください。

転職活動を効率的に行いたいのであれば、医師転職サイトをおすすめします。


# by purin014195 | 2016-08-08 18:40

医師転職の理由と注意点

医師免許は国家資格であり、まさに手に職があるわけですから転職には苦労しない、そんなふうに思っている人も少なくないでしょう。

確かに医師は不足し、給与面など他の業種と比べて条件も良い求人が多い医師の転職ですが、注意しなければいけない点も多々あります。



医師の転職理由

医師も普通の人間ですので、転職理由もいろいろあるでしょう。

今の病院よりも専門的分野を学ぶ事ができるため、最新設備が整っている病院だから、などキャリアアップや収入アップが目的の人は多くいます。

また人手不足の病院も多く、労働環境が悪い場合は労働環境の改善のために転職を考える人もいるでしょう。

医師の加重労働は、医療業態でも深刻な問題となっています。

他の職場と同様に、人間関係のトラブルで転職する人もいるかもしれません。

または「地方医療」や「国境なき医師団」など、夢や目的を叶えるために転職する人もいます。

では、そんな医師が転職する際の注意点について簡単に紹介します。



医師の転職の注意点

病院という職場は、非常に閉鎖的な職場といえます。

ドラマ白い巨塔のイメージも強いかもしれませんが、やはり多かれ少なかれ派閥が存在します。

そのため卒業した大学によって、派閥が生まれてしまいがちです。

また人間関係も非常に複雑です、

そのため転職の際にも、誰かに勧められてという状況は避けた方が賢明です。

ですがハローワークや一般の求人サイトでは、医師の求人はあまり見かける事がありません。

医師の転職の際には、医師の求人専用の転職サイトを利用する方が、おかしな後腐れがなくて良いといえるでしょう。



医師は全国各地どこでも求人があり、仕事が見つからないという状況にはなりません。

ただし、仕事内容や労働環境、求人条件と自分の要望とが一致するかどうかが、転職の重要なポイントだといえます。

今までの経験で身に着けた技術や知識が活かせない病院に転職してしまえば、宝の持ち腐れになってしまいます。

# by purin014195 | 2016-07-27 18:34 | 医師